自動車買取相場完全マニュアル

売る地域・お店でソントクは出てくるか

査定は変わらなくても「金額」は変わる
売る地域や店によってソントクは出てくるものなのでしょうか。それは確実にあると思います。
たとえば、東京で売る場合と地方で売るのでは価格が変わるのか、という問題は非常に重大です。
また、大手中古車査定チェーンで売るのと、地域の単独店で売るのとでは価格が変わるのか、という視点も忘れてはいけないでしょう。
査定そのものは協会加盟店であればどの店に出してもまず変わらないと言われていますが、実際はそんなことはありません。
査定の結果、提示される金額は確実に変わってきます。
査定業者もビジネスとして行っているのですから、「どこで利益をとるか」を真剣に考えるわけです。
たくさんの買取りを扱う店では、トータルで利益を考えるので、「このクルマでソンをしても、あのクルマではトクしよう」といった考え方をすることはあります。
損して得取れという戦略です。
しかし、小さな店では「一台一台が勝負」ということもありますので、規模の小さい買取店の方が厳しい結果になることがあります。
それによって、クルマを売却しようとするお客さんにもソントクが出てしまうので、この点では十分な注意が必要になるでしょう。
もちろん、全国規模で販売も行っている店では、買い取ったクルマの販売での輸送コストもかかるので、そういった部分も無視できません。
大手には大手なりの問題があるのです。
そのようなことを踏まえながら査定の結果の買取り価格は提示されるのですが、経済の原理・原則からいって力のある店ほど高く買い取ってもらえることも事実です。
やはり最大手のガリバーなどは買取力が圧倒的なのです。
ですから、しくみがよくわからない人は大きな店と小さな店の見積りを比べてみて、より価格の高いほうに売却するという考え方でよいでしょう。

やはり、自動車買取の世界でも資本力がものをいうのです。

 

売ることを想定して買おう
ところで、あなたのクルマを査定してもらいに行くと、きっと後悔するはずです。
誰もがこう思うのです。「もっと、高く査定してもらえるようなクルマの買い方や乗り方をすればよかったな」と。
つまり、最近のはやりの言葉でいうと、こういうことになります。クルマも「出口戦略」を考えて購入することが大切になっているのです。
新車を買うときに既にリセールバリューを考えておくということです。
これは、「売ることを考えて買いましょう。売ることを考えて乗りましょう」ということです。
ある意味で当たり前かもしれません。
そのためには、まず「1か月に換算したら、いくらをクルマにつぎこむことになるのか」を概算しましょう。
具体的なソントク判断ができれば、ソンな買い物はしなくなるでしょう。
そして、「廃車にするしかありません」と言われるくらいに乗りつぶすのであれば、選んだなかからできるだけ飽きのこないクルマを買い、ある程度の年数で買い替えるつもりがあるなら、そのときの自分の生活スタイルも考慮して、もっとも目的にふさわしいものを購入するべきです。
売るときに売りやすい色は?これは当然「白」と「黒」です。
また、売るときに走行距離と使用年数はどんな感じになっているか、といった先々のことにも考えをめぐらせてみるとよいでしょう。
それによって、自動車買取金額が50万円も違ってくる場合があるのです。

 

ワンンポイントアドバイス
査定は、一か所だけでなく、複数の業者で行ってもらうのがよい。そして、自動車買取相場を知りたいなら小さい買取店だけではなく大手の査定も受けること